疾患別リハビリ

疾患別リハビリ

疾患別リハビリ

当院では厚生労働省が定める疾患別リハビリ施設基準のすべてを取得し実施しています。
疾患別リハビリとは運動器疾患、脳血管障害、呼吸器疾患、心大血管疾患、がんの五つをいいます。
各施設基準はそれぞれに認可が必要で取得しなければ各リハビリは実施できません。すべての疾患別リハビリを実施している施設は地域でも少ないのですが、当院ではすべてに対応しています。

近年では、疾患が重複してリハビリを実施されるケースがあります。
例えば心疾患がありながら脳卒中を患った場合など、症状が複雑化します。
当院は多疾患に対応しているため、重複障害に対してカンファレンスやリスク管理が一極集中できるメリットがあります。
リハビリに携わる療法士は必要な研修を受講し、疾患に関する学会から指導士認定を取得しています。

運動器リハ 骨折、切断、関節の変性疾患、(筋・腱・靭帯の複合損傷)
脊椎損傷麻痺、熱傷瘢痕による関節拘縮、運動器不安定症など
脳血管リハ 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳外傷、脳炎、急性脳症、脳膿瘍
脊髄損傷、脊髄腫瘍、てんかん重積発作など
呼吸器リハ 肺炎、無気肺、気管支喘息、胸部外傷、肺梗塞、肺移植手術、慢性閉塞性肺疾患、人工呼吸管理下の患者、肺結核後遺症など
心大管リハ 急性心筋梗塞、狭心症発作、慢性心不全、開心術後、大血管疾患、大動脈解離、解離性大動脈瘤、末梢動脈閉塞性疾患など
がん リハ がんの手術前後、化学療法・放射線治療中の患者、在宅復帰を目的とした進行がん又は末期がん

急性期~慢性期まで同じ療法士が対応

急性期~慢性期まで同じ療法士が対応

当院のリハビリは入院中だけではなく、退院後も外来通院リハビリ、通所リハビリ、訪問リハビリなど介護保険にも適応し在宅復帰を全面的に支援致します。その際、退院後に通院リハビリや介護保険サービスに移行しても同じ療法士が対応するので安心です。

同じ療法士が対応することで患者様の既往や回復状況を把握できスムーズなリハビリ継続や再開が可能となります。何よりも顔なじみの療法士と安心、信頼が築かれ、相談しやすい環境になっています。

外来通院型心大血管リハビリ

外来通院型心大血管リハビリ

心大血管リハビリは医師や看護師、療法士などが心疾患患者に対し運動負荷試験結果を基に心電図をモニターしながら安全に運動を行います。運動耐容能が向上することで日常生活動作や生活の質、更には生命予後も改善できるエビデンスがあります。

全国調査では外来通院型心大血管リハビリを実施する施設は極めて少なく(循環器専門医研修施設においても21%にすぎず、一般病院では皆無に近い)当院は平成18年6月から入院と外来に対応する心大血管リハビリを実施しています。(年間1090件、平成24年度実績)

医療法人社団佳生会野木病院へのお問い合わせ・ご予約はこちら

TEL.078-947-7272